タマゴサミンは妊娠中・授乳中・子どもでも飲める?

タマゴサミンは誰でも飲める?飲んじゃダメな人は?

成分表に記載のある成分にアレルギーがある方などは飲むことができませんが、それ以外に飲めない人はいるのでしょうか。
タマゴサミンを飲める人と飲めない人について調べてみました。

タマゴサミンは妊娠中・授乳中に飲んでもOK?

急激な体重増加で妊娠中に腰痛・膝の痛みを感じることがあります。
また、妊娠中に感じなくても出産を終えてから赤ちゃんの抱っこを続けているうちに痛みを感じることもありますよね。

そんなときにタマゴサミンを飲むことは可能なのでしょうか。
サプリなので飲むことはできますが、念のため医師・薬剤師に確認してからが良いようです。
ビタミンCや葉酸なども含まれているので、ぜひ確認してみてください。

身長が気になる子どもがタマゴサミンを飲んでも大丈夫?

タマゴ由来成分のiHA(アイハ)は生み出すチカラに着目した独自成分で、ヒアルロン酸を作り出すチカラをサポートします。
関節の骨にある軟骨細胞を増やすことで、膝の痛みなどを予防するのですが、その軟骨細胞が増殖して骨になることによって背が伸びます。

なので、タマゴサミンは子どもの身長にも役立ってくれる可能性があります。
成長期の骨の強さは将来の骨密度に関わってくるので、骨を強くするコラーゲンなども一緒に取れるのでおすすめです。

ただ、お子様の場合は子ども向けの成長応援サプリも販売されていますので活用してみてください。

腹痛・下痢などお腹が弱いひとでもタマゴサミンを飲める?

とくにお腹をゆるくしてしまったり、胃痛を感じるような成分は含まれていませんが過剰摂取には注意が必要です。
胃腸が弱い人は食前に飲まないようにして、食後に飲むことをおすすめします。

また、1日の摂取目安量で3粒から最大6粒飲むことができるのですが、胃腸が弱いという方は3粒をわけて飲むことからはじめてみてください。
大丈夫なようであれば量を増やして、6粒以内で飲むようにしてみてください。

特に関節に不調がない・痛みがない人がタマゴサミンを飲んで意味はある?

若い人ですと腰痛や関節痛をたまに感じても、慢性的ではないことが多いですよね。
激しい運動後や同じ姿勢を長時間続けた後に痛みを感じても、すぐに改善してしまうことが多いです。

そういった、特に関節に不調がないという人もタマゴサミンを飲んでも良いのでしょうか?

もちろんそういった方でもタマゴサミンを飲むことは可能です。
特に効果が感じられないかもしれませんが、痛みがないうちから飲み続けることによって将来の関節悩みを軽くできる可能性があります。

できるだけ不調があるかも?というような、早めの時期から飲みはじめて悩まないように予防することがおすすめです。

 

投稿日:

Copyright© タマゴサミンは怪しい効果なし?実際に使ってみた【写真付きで口コミ】 , 2018 All Rights Reserved.